2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

インターペットに行ってきました

8/25(日)に楽しみにしていたインターペットin幕張メッセに行って来ました。

でも写真が1枚もありません・・・

去年から1年間、楽しみに楽しみにしていたイベントだったので、

朝早く起きて、体調は万全sign03
もちろん終了時間迄いるつもりでハリキッて参加してきたのですが・・・


お昼過ぎくらいに私の突然の体調不良。

死ぬかと思うくらいの胃の痛みで救急搬送されてしまいました。


あまりの痛さに座り込みしばらく様子を見ていたけど、
一向に良くならないので旦那が『関係者を呼んでくる』と
行ったきり、なかなか戻らない・・・


旦那の帰りを待ってる間も痛みは治まらずcrying
ついに痛みで気を失っていたところに2人の女性が声を掛けてくださり、
ずっと励ましてくれました。
その方々には感謝してもしきれないくらいで、
人の優しさにも触れることが出来ました。
(その時は痛みで、それどころじゃなかったけどsweat01


今思うと、ずっとずっと昔、胃痙攣になった時と同じような痛みだったな~

あの時も相当痛かったし、倒れたし。


今回の経験で痛みは突然やってくるsign03と実感しました。
だって1分前は、なんともなかったのに、
1分後には立つことも出来なかった。


救急車はガタガタと揺れて揺れて、胃は痛いし、
頭は揺れるたびに枕(?)に打ち付けられて偏頭痛になるし、
私より重症患者の為にも、有意義に税金を使い、
もう少し乗り心地を良くしてもらいたいな~と、
思ってしまいました。


イベント会場の関係者の方々には、
ご迷惑を掛けたと同時に、良くしていただきました。


でも、あんなに楽しみにしていたイベントに、
最後まで居られなかったのが、悔やまれてなりませんdash


人生で2度目の救急車体験hospital
もう乗ることのないように、気をつけて生活していきます。

2013年8月26日 (月)

未来の歯周病

もう1ヶ月くらい前になるけど、未来の歯を抜きました。

2年前に我が家に里子に来てからすでに前歯がグラグラしてて、
アチコチを舐めるクセがあったのが、気になっていたけど、
分かっていながら2年間、放置してしまったことを後悔してます。


すでに骨まで溶けていて、口と鼻が内部で繋がっていたそうです。



合計で14本の歯を抜きました。

抜いた歯の数よりも、2年間も辛い思いをさせてしまったことが、
私の中で悔やまれること。

人間で言えば6~7年間、我慢してた計算になるから。



ただ幸いなことに動物の歯のことについては、
全国でもエキスパートな病院が
隣の市にあったのでそれはラッキーだった。
我が家からは車で30~40分。

他の何人もの獣医師さんが見抜けなかったことも1回で見抜き、
適切な手術をしてくれたのが本当に幸いだったな~と。

(それまでに私は色んな病院を渡り歩いて、
 色んな獣医師に見てもらっていたのだ。
 セカンドオピニオンどころか、5~6オピニオン)


本当に丁寧に綺麗に処置してもらったので、
『これからは快適になるでしょうhappy01』と、
先生に言ってもらえたのは、心強かったsign03




あ、でも治療費+手術費は他の病院の比じゃないよ。
ハッキリ言ってかなり高額です。
(普通の動物病院の歯の治療を基準に考えたら)


でも未来はまだ8歳。
これからの犬生はまだまだ残っているし、
快適に長生きしてもらいたいので全然惜しいお金では、なかった。


『犬にそんなお金、出せない』という人もいると思います。
実際に他の病院はもっと安いし。

でも高かったけど『それだけの処置をしてくれた』ので、
私達はこれで本当に良かったと思っています。


そしてこの病院を教えてくれたかかりつけの獣医さんに
すごく感謝してる。

普通は自分の病院での手術を勧めると思うけど
『あの病院ほどの処置をするところは他にない。
 値段も高いなりのそれだけの価値はある』と、
教えてくれた。


・完璧な手術をしてくれた獣医師
・自分の立場よりもその病院を教えてくれた獣医師


人間も動物も良い医者に出逢うことも大切だな~と
つくづく思った出来事でした。

Dsc00886

↑反射して見づらいけど、抜いた歯です。

 
 
 
 
  記念に(?)もらって来ましたnote

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »